アクセサリー

ALEX GREY(アレックス・グレイ)
1953年11月29日アメリカ、オハイオ州生まれ。
幼い頃から父の影響で絵を始め、近所で虫や動物の死骸などを集めては裏庭でそれらを葬っていたという。その後はColumbus College of Art and Design、Boston Museum Schoolでアートを、HarvardMedical Schoolの解剖学部では人体構造及び死体解剖を学んでいる。そこに超心理学や宗教的観念に基づいた独自の解釈を加え、唯一無二の世界観に昇華させている。

AlexGreyの作品は、TOOL, the Beastie Boys, Nirvana,Kenji WilliamsなどのCDアルバムのジャケット、Newsweek magazine、ディスカバリーチャンネル、レイブパーティーのフライヤー、アシッドのブロッターシート、世界の美術館等で見る事ができる。また2001年には300枚ものカラーと黒白写真から構成される大判モノグラフ“Transfiguration”が発売され、こちらでもALEX GREYの世界を堪能できる。

現在もニューヨークほか世界各国で、妻でありアーティストのAllysonと共にアートの講義や様々な活動を行っており、様々なジャンルから高い評価と熱狂的支持者を得ている。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

13